スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)問題が深刻化しているのを受け、新潟県小千谷(おぢや)市で国の重要無形民俗文化財「牛の角突き(闘牛)」を主催する小千谷闘牛振興協議会は27日、6月6日の開催を中止すると発表した。中止は04年10月に発生した中越地震の時以来。

 協議会は闘牛53頭を飼育。今年は5月3日に開幕し、11月まで月1回開催予定だった。闘牛場には全国から観光客が訪れ、ウイルスが持ち込まれる恐れがあるほか、闘牛が感染すると周辺の畜産農家にも被害が及ぶことを考慮したといい、7月以降の開催は未定。

 一方、隣接する長岡市山古志地区の山古志闘牛会は、今月30日の牛の角突きを予定通り開催する。27日は闘牛場に石灰をまき、観客席を消毒。収益の一部を宮崎県の畜産農家に寄付する方針で、松井治二会長は「われわれも中越地震で多くの牛を失い、宮崎の人の気持ちは痛いほど分かる。少しでも応援できれば」と話した。【岡村昌彦、岡田英】

【関連ニュース】
口蹄疫:農家への補償始まる 「概算払い」で
口蹄疫:ワクチン接種99.5%終了
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除
口蹄疫:特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意
口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望

頭越し決定に「暴挙」=名護市民、反対と怒り―普天間移設日米共同文書(時事通信)
メロペンの用量上限変更で承認申請−大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
「ほおは真っ赤」痛々しい顔に驚愕証言 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
“幹部力”を磨こう――人を生かすための3つのコツ(Business Media 誠)
警官は盗撮、自衛官はトイレ侵入=同じビルで相次ぎ現行犯逮捕―千葉県警(時事通信)

71歳夫婦留守の間、1200万円金庫盗難(読売新聞)

 14日午前11時40分頃、栃木県真岡市並木町、無職平井博明さん(71)方から「金庫を盗まれた」と110番があった。

 真岡署が確認したところ、現金1200万円以上が入った金庫などがなくなっていた。同署は窃盗事件として捜査している。

 発表によると、盗まれた金庫は2階寝室に置いてあり、重さは約50キロあった。1階居間のタンスからも、封筒に入った現金数十万円がなくなっていた。1階南側の窓ガラスが割られ、玄関の鍵も開いていた。

 平井さんは妻(71)と2人暮らしで、14日午前9時50分頃に夫婦で外出、約2時間後に帰宅して異常に気付いた。

やり刺さり女子高生けが=部活中、跳ね返り足首に−北海道・池田(時事通信)
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)
「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)
B型肝炎訴訟で閣僚会合=和解協議に向け詰め−政府(時事通信)
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)

【写眼】安田菜津紀「明日を忘れないために」(産経新聞)

 ■「明日」に込めた願い

 家族って何だろう? その問いかけは、私的なものだった。高校2年生のとき、開発途上国の子供を支援するNGOのリポーターに応募した。フォトジャーナリストの安田菜津紀(なつき)(23)は、こう振り返る。「国際協力に興味があったわけではなくて、同世代の家族観や人間観が知りたかった」

 カンボジアで、貧困のために人身売買の被害に遭った子供たちを訪ねた。想像を超える現実があった。彼らの言葉にも驚いた。過酷な状況なのに、みんな最初に家族の安否を口にする。なにより家族のことを思っていた。

 感じたのは無力さ。とにかく事実を伝えよう、と思った。「医者でもない、お金もない私には何もできることがない。せめて、一人でも多くの人に伝えることかなと」

 その後も東南アジアの貧困問題などを取材。伝達のツールとしてカメラを手にした。「写真は、まばたき一つの間に人の心をつかむことができる。エネルギーみたいなものが集約されている。性格に合っていると思います」と語る。主人公は、フィリピンの貧困社会を生き抜く子供たち。「出合い頭には撮らない。コミュニケーションの延長線上で撮影する」という姿勢が、彼我(ひが)の距離感をぐっと縮めている。タイトルの「明日」は彼らの祈りであり、僕らの願いでもある。(篠原知存)

                   ◇

 ■安田菜津紀写真展「明日を忘れないために」

 12日まで、東京・新宿御苑前のアイデムフォトギャラリー「シリウス」。開発途上国の恵まれない子供を支援するNGO「国境なき子どもたち」が活動する比マニラへ赴き、貧困層の子供たちを取材した約30点を展示。きょう8日午後2時からギャラリートークあり。入場無料、9日休館。問い合わせはTEL03・3350・1211。

<毎日新聞社>1都3県で「MAINICHI RT」創刊へ(毎日新聞)
草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
【from Editor】希望に燃える同級生(産経新聞)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)

外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)

 18日午後7時40分頃、三重県鈴鹿市道伯のマンション3階通路で、男性が倒れているのが見つかった。

 男性は病院に運ばれたが、腹などを刺されており、間もなく死亡した。同じ階の人が直前に言い争う声を聞いていることなどから、鈴鹿署は殺人容疑事件とみて捜査を始めた。

 同署の発表によると、男性は40〜50歳で、外国人風。左胸と脇腹に深い刺し傷があった。同署で身元の確認を急いでいる。

 マンションは6階建てで短期契約者が多く住んでいるという。県道沿いにあり、周囲には住宅や飲食店、商店が点在している。

脳損傷リハ「患者中心のゴール設定を」(医療介護CBニュース)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
雑記帳 「イルカのぼり」スイスイ 青森(毎日新聞)
日本創新党と「立場違う」=国政とは一線−橋下大阪知事(時事通信)
首相動静(4月14日)(時事通信)

不正請求などで訪問介護など3事業所の指定取り消し―徳島(医療介護CBニュース)

 徳島県は4月14日、介護報酬を不正請求したり、人員が基準を満たしていなかったりしたなどとして、「医療法人リバーサイド」(徳島市)が運営する指定訪問介護事業所「マリー訪問ヘルパーステーション」など市内の3事業所について、介護保険法に基づく指定の取り消しを行うと発表した。取り消しは30日付。

 指定を取り消されるのはほかに、指定通所介護事業所「マリー」と、指定訪問看護事業所「マリー訪問看護ステーション」。

 徳島県長寿保険政策局長寿介護課によると、「マリー訪問ヘルパーステーション」では、訪問介護員が別の事業所で勤務していた時間帯に同ステーションで勤務に当たっていたと偽るなどして、介護報酬を不正に請求し、受領していた。また、「マリー」では、勤務する介護職員の数が少ない日が常態化していたにもかかわらず、減算せずに請求していた。不正請求の回数や期間、金額については、現在精査中としている。
 「マリー訪問看護ステーション」では、厚生労働省令で定める常勤の管理者を置いていなかったほか、指定申請の際には虚偽の内容の書類を提出して不正に指定を受けた。

 情報提供を受けた県が昨年11月から今年2月にかけて計3回、事業所に対して監査を実施した際には虚偽の説明をしていたという。


【関連記事】
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪
介護報酬不正請求で宮城県が2事業所に行政処分
介護事業所の指定取り消しが過去最多に
介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区

第3の多能性幹細胞 がん化の危険低く 東北大大学院研究グループ(産経新聞)
<日産子会社>下請け業者への代金を不当に減額 公取委勧告(毎日新聞)
<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心さに警鐘(産経新聞)
足利事件の菅家さん、10年ぶり選挙権回復(読売新聞)

小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)

 昨年8月の衆院選に岩手4区から出馬し、落選した元衆院議員の高橋嘉信氏(56)が、今月はじめ、奥州市などの地元支持者らに政界を引退する意向を文書で伝えていたことが、6日分かった。

 高橋氏は、小沢一郎・現民主党幹事長の秘書として20年間働き、2000年の衆院選東北比例ブロックに自由党から出馬し初当選。1期務めた後、06年の奥州市長選に出馬したが、落選した。

 支持者らに渡した文書はB5判で3枚。小沢氏を「国民の大多数から嫌悪される存在」「理念なき権力闘争を理解する国民はいない」と批判した上で、「(小沢氏の)秘書であった事実は変えられない。政治の道を去ることが自らのなすべき事」として、3月で事務所を閉鎖したことを報告している。

 読売新聞の取材に対し、高橋氏は「取材には応じられない」と話している。

 後援会幹部によると、高橋氏は「ジャーナリストに転身する」と話しているという。だが、その一方で後援会組織は解散させず、「しばらくは新党結成など動きを注視したい。政界再編となればいずれ再び出番があるかもしれない」と、今後の政界復帰に含みをもたせているという。

「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売
住宅と物置、双方から出火し2人死亡…長野(読売新聞)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)
万引き男性を恐喝容疑、「Gメン」ら3人逮捕(読売新聞)
首都高の上限900円 高速新料金、エコ割も(産経新聞)

新党結成へ「5人確保」=関係者(時事通信)

 自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相と無所属の平沼赳夫元経済産業相による新党結成構想について、関係者は3日夜、政党要件を満たす国会議員5人が確保できる見通しとなったことを明らかにした。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

練習中に倒れ植物状態、4億円賠償求め両親ら提訴(読売新聞)
<シー・シェパード>元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で(毎日新聞)
東大寺 東塔復興に向け近く発掘調査(毎日新聞)
<酒気帯び運転>中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り(毎日新聞)
サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)

大イチョウ芽吹く、残った根元から…鶴岡八幡宮(読売新聞)

 鶴岡八幡宮(鎌倉市)は1日、強風で倒れたご神木の大イチョウの残された根元部分から、青い新芽が生えたと発表した。

 いずれも1センチ未満で、周辺に数十の芽が確認された。

 再生を願って境内に設置した記帳所には、1日までに約2万5000人が訪れた。八幡宮では今後も新芽の成長と移植した幹の根付きを見守るという。

足利事件無罪、裁判長の謝罪の言葉=全文(読売新聞)
「5月決着」目指し協議へ=普天間移設で日米外相(時事通信)
1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)
パチンコ店に強盗 300万と換金用景品奪う(産経新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)

<谷垣総裁>「気迫持って迎えたい」党首討論に決意(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は30日の党役員連絡会で、31日に行われる鳩山由紀夫首相との党首討論について「前面に立って、気迫を持って迎えたい」と決意表明した。谷垣氏は2月の党首討論で首相を追い込めず、与謝野馨元財務相らによる執行部批判が相次ぐ結果になった。今回は首相らの「政治とカネ」の問題に加え、米軍普天間飛行場移設問題や郵政改革案を巡る閣内対立など攻めどころはたっぷり。直後の4月1日から3日間、党両院議員懇談会も控えるだけに、同じ失敗を繰り返せない悲壮感をにじませた。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民党:谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け
谷垣総裁:議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否
谷垣総裁:参院選に進退かける 党会合で「私の正念場だ」
自民党:谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感

<雑記帳>松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
<大関魁皇関>総理大臣顕彰授与へ 力士で初めて(毎日新聞)
<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)
<名古屋市長>自転車で町へ 議会リコールの受任者募る(毎日新聞)
モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)

「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先に関する政府案策定に向け、首相公邸で関係閣僚と協議した。これに先立つ同日午後の参院予算委員会の「外交・防衛」に関する集中審議で、鳩山首相は同飛行場を有事に活用するため、返還後も閉鎖しない考えを示した。米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)の現行案をベストとする米側との交渉材料とする狙いがある。また、5月中の普天間問題の最終決着への「覚悟」を重ねて表明した。

 協議には、平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司国土交通相が出席。平野氏がシュワブ陸上案や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合埋め立て案の県内移設2案や基地機能の鹿児島県・徳之島などへの分散移転について政府の検討状況を説明したほか、社民、国民新両党の案を報告し、最終調整に入った。

 鳩山首相は、この日の協議で移設先について関係閣僚から一任を取り付ける考えだったが、「閣僚から異論が出た」(政府関係者)ため、引き続き必要に応じて閣僚協議を開くことになった。首相は今月中に政府案をまとめ、5月末までに日米合意を含めた最終決着を図る考えを示している。

 これに関連し、首相は予算委で「有事の時に普天間がなくて、ことが済むのかもゼロベースで議論している。危険性除去と騒音防止が最低限、果たすべき(政府の)役割だ」と述べた。対米交渉に関しては「お互いに一つしか(案を)持たないのでは交渉にならない。米側が現行案をベストだと思っているのは事実だろうが幅を持った発想を持っていると理解している」と語り、日本政府として複数案を提示することを示唆した。

徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
<中国毒ギョーザ>中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省(毎日新聞)
首相動静(3月21日)(時事通信)
火災 駅新設現場の壁焼き1人けが 東京・羽田(毎日新聞)
<殺人>父親殴り死なす 34歳の男を容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
探偵社
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
ネイルサロン
ブラック キャッシング OK
無料ホームページ
債務整理 無料相談
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    サキューン (12/27)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/27)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    まろまゆ (12/18)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    パイン (12/13)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    機関棒 (11/26)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    しゅうじん (11/21)
  • 闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
    すぷらっしゅ (11/16)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM